徒然ダイアリー

自分が思うことを、徒然なるままに書いていきます

初売りに買った方がお得・・・だよね?

今日は正月休み最終日。子供たちはまだ冬休みだけど、正月休みが終わると一気に日常が戻ってきたという感じで、正月ぼけしていた頭も体も引き締まる気がする。

ただ、今日まではまだまだお正月。というか、最後のお正月気分を楽しもうと、出かける人も大いに違いない。
それとも、最終日だからこそ、年末年始の疲れを癒やすために、家でゆっくり過ごすのかな?
ちなみにわが家は半々で、お買い物に行く用事もあるけど、家でゆっくり過ごしたい・・・という気持ちもある状態。
何より私が風邪を引いているので、本当は家でのんびり休んでいたいのだけど、お正月に長男の入学祝いをいただいたので、新しい自転車を購入しに行く予定が入っている。

できれば来週に回したいのだけど、早めに買って早めに報告しないと何だか申し訳ないし、長男も新しい自転車を楽しみにしているので、やっぱり今日中に行っておかないとなあ・・・というところ。
何より、今日までならまだ初売りのセールをやっているんじゃないかな?という気持ちもある。
実際には初売りだから安くなっているかと言われると微妙なところで、台数限定の大安売り以外だとさほどお得感は少ないイメージ。
かといって、台数限定品は早くから並んでいないとあっという間に売り切れちゃう。そして早朝から並ぶ気力も体力もうちにはない(汗)

まあ、初売りの時期に購入すると、値引き以外の特典がついたりすることがあるので、やっぱり来週買うよりは、今日買った方がお得感が高いかも。
でも今日の最高気温はわずか3度・・・。しっかり着込んでいかないと、風邪が悪化しそうだわ(汗)

新年早々、風邪引き・・・

新年早々、私にはめずらしく風邪をひいてしまった。
ランニングを始めて約2年。体を動かす習慣がついたせいか、体力がつき、冷え性も治ってきたので、ここ数ヶ月風邪らしいものは引いたことがなかったのだけど、年末年始の疲れと、正月三が日を襲った寒波が重なったせいか、久しぶりに喉の痛みと頭痛、鼻づまりなどの症状が一気に襲ってきた。

特に私は昔から鼻が悪いので、鼻づまりと頭痛に関しては、副鼻腔炎を起こしかけている可能性大。
そういえば数年前も帰省先から帰ってきたとたんにひどい副鼻腔炎を発症し、混み混みの病院で2時間近く待たされ、ふらふらになりながら受診して、薬をもらって帰宅した覚えがある。

今回はそのときほど症状はひどくないのだけど、頭が始終重く、ぼーっとしてしまうので日常生活を送るのも少し難しい。
本当は栄養と十分な睡眠をとって、安静にしていればすぐに治るんだろうけど、家に帰ってきた今、やることは山積み・・・。
子供たちはまだ冬休みの真っ最中だけど、いつも通りに料理や洗濯、掃除をしなきゃいけないので、休んでいるヒマなんてほとんどない。

まあ目が離せない乳幼児がいないのがせめてもの救い・・・。小学生にもなると、親が見ていなくても勝手に遊んでいるし、「具合が悪いから」と言っておけば、すんなり理解してあまり騒いだりしないし、自分でできることはちゃんとやってくれるからありがたい。

むしろ何もしない夫の方がストレス・・・。明日になれば仕事始めになるから、そうしたらもっと楽になるんだけどな(笑)

そろそろ自宅へ

帰省3日目。今日自宅に帰るので、まだまだお正月気分は続くけど、少しだけ現実に戻るという感じ。
楽しかった後は気持ちの落差が大きいものだけど、主婦の場合、帰宅してもすぐには休めないのも頭が痛くなる原因。
まず帰省中にたまった洗濯物を片付けなきゃいけないし、いただいたものもちゃんとしまわなきゃいけない。
そして明日から日常に戻れるように、部屋を整えておかなきゃいけないのも面倒・・・。
何より、数日人がいなくて冷え切った家に入る時の覚悟をしなきゃいけないのが目下の悩みどころ(笑)
たった3日間だけなのに、なぜ人がいなかった家ってあんなにも冷え冷えしてるんだろう?
よく「家は人がいないとあっという間に荒れ果てる」と言うけど、あれはきっと本当のことなんだろうなと思う。
家は人がいようといまいと、そこに「ある」だけという感じがするのに、不思議だな。
ちなみにこういうときのために、今はエアコンをスマホとか携帯で遠隔操作して、自宅をあらかじめ温めておく・・・ということもできるらしいけど、残念ながらわが家の家電にはそんなハイテク機能は搭載されていないので、家に帰って手動で電源をつけなきゃいけない(笑)
しかもつくまでに結構時間がかかるのが難点。私の実家にはガスファンヒーターがあって、瞬時に点火するんだけど、こういうときはガス式の方がほんとにありがたいよね。

新年を迎えて

ついに新年が明けました。家族全員無事に年を越せたことにまずは感謝しています。
現在は夫の帰省先。といっても義実家にいるわけではなく、温泉旅館にお泊まりしている最中。
昨日のおおみそかも家族みんなで乾杯して、紅白歌合戦を見て、除夜の鐘を(テレビ越しに)聞いて年を越した。
子供たち2人は小学生なので年越し前に眠ってしまったけど、朝は元気に起きてきてあけましておめでとうのご挨拶。
お年玉もいただき、早速何を買おうかあれこれ悩んでいる(笑)
大人はと言えば、元気な子供たちとは打って変わって、少々ぼんやり状態。
家事も仕事もする必要がないからのんびりできるんだけど、さてどうやって過ごすかと言うとテレビを見たり、本を読んだり、温泉に入りに行ったりするくらいなので、必然的にだらだらしやすい。
旅館そのものも静かでしーんとしているから、余計にいつもの生活リズムが狂ってしまって、調子が出ないのかも。
でもこんなだらだら生活を送れるのもお正月休みだけの特権。あとはのんびりしたくてもできない日々がまた始まるから、1年分くらいだらだらしておかないとね(笑)
ちなみに午後からは親戚のところにあいさつに行く予定。久々に会う人たちだからちょっと緊張するけど、これもお正月ならではのイベントだから雰囲気をしっかり味わっておこう(笑)

これから帰省

今年最後の日。うちは夫の実家に帰省するため、午前中には家を出てしまう。
今年は結局大掃除もままならず・・・。今年一年お世話になったのに、きれいにできなくてごめんね(涙)と家に謝りながら出かけなきゃいけない。
またこの家に戻ってくる時にはもう2014年は終わっていて、新しい2015年を迎えている。
もちろん帰省先では温泉に入ったり、あいさつ回りに行ったりして非日常を過ごすので、戻ってきた時は2015年になったぞ!という気持ちよりも、ああ現実に戻ってきた・・・って気持ちの方が強いんだろうけど(笑)
ちなみに帰省先には車で向かうんだけど、みんなは年末年始の休みに入ったとたんに帰省してしまうので、31日ぎりぎりに帰省するわが家は帰省ラッシュに巻き込まれる可能性は少ない。
今回は特に27日~28日が土日にあたったので、その2日間で帰省した人も多いみたいだから、なおさらラッシュとはほど遠いはず。
なのでのんびり帰省できるのはいいんだけど、夫の帰省先は割と雪深いところなので、それだけが心配(汗)
今のところドカ雪が降るという予報はないけど、そこそこの寒波は襲来するみたいなので、どうか事故など起こりませんようにと願うばかり。
そして帰ってきたとき、家の周りも雪だらけだったらテンションが下がるので、なるべくなら雪は勘弁してほしいなあ(苦笑)

ほんとは子供が苦手だった

今でこそ2児の母になった私だけど、独身の頃はどちらかと言うと子供が苦手で、欲しいと思ったことは一度もなかった。
おそらく環境的な問題が大きくて、小さな子と接する機会がまったくなく、どう対応していいかわからないから、苦手意識が強かったんだと思う。
なので、独身の頃から「子供が欲しい♪」って言っている女性を見ると、母性本能強いんだなあと思う反面、自分にはそういう本能が欠けているんじゃないか?なんてちょっと不安に思うこともあった。

でも時は流れ、結婚して第一子を妊娠したとエコーで確認できたとき、とても不思議な感情が芽生えた。自分の体の中に、もうひとつ命が存在する不思議。

それでも最初はまだ実感が湧かなかったんだけど、一度初期流産しかかったとき、自然を涙があふれ、どうか無事でいますようにと強く願ったのを覚えている。

幸い危機を脱して、そのときの子は今元気に学校に通っているのだけど(笑)母性本能って子供を授かった時、自分ではそれと気づかないうちににじみ出てくるものなんだなって思った。

今、素直に子供を欲しいと思えない女性が増えていて、理由は「自分の時間を優先したい」とか「子供が好きじゃない」とかいろいろあるらしい。
どの気持ちも理解できるけど、でも子供を持つことでしかわからない幸せって確実にあるんじゃないかなと思う。

どうしてうどんじゃいけないの?

私はうどんよりそば派なので、これまでおおみそかの年越しそばに疑問を感じたことはないんだけど、ネットで「なぜ年越しうどんじゃなだめなのか?」という話題を見て、ふと「そういえばどうしてだろう・・・」と首をひねってしまった。
どっちも同じ麺類だし、同じくらい日本で愛されているのに。

でも年越しにそばを食べるのにはちゃんと理由があるらしく、そもそも年越しそばを食べるのは、細くて長いそばを食べることで長寿を願うことと、そばの切れやすさにあやかって災厄を断ち切ることを願うという意味合いが込められているんだって。

確かに「切れやすい」という点ではもちもちしたうどんよりそばの方に軍配があがるけど、細くて長いうどんだってあるのになあ・・・とちょっと腑に落ちない。

ただ、年越しそばにはほかの説もあって、そばを食べると脚気になりにくいという説が江戸時代に流れたことから、「新年を健康的な体で迎えるために」という意味を込めて食べられるようになったのでは?とも言われているらしい。

実際、そばには脚気予防に効果的なビタミンB1が多く含まれているから、健康のためにと年越しそばを食べるのは誤りではないよね。

ちなみに年越しそばの習慣が始まったのは江戸時代とのこと。当時はそばが体にいいなんて科学的に証明できなかったはずなのに、昔の人はすごいなあ、なんて感心してしまった。

ガラケーサービスがなくなっていく

私は未だにガラケー所有者で、スマホに変えるつもりは毛頭ないのだけど、そんな一部のユーザーの気持ちとは裏腹に、ガラケー向けサービスが次々に終了しているらしい。

たとえばYahoo!メールの携帯電話版サービスとか、Yahoo!アドレスブックなど、Yahoo!が提供しているガラケー向けサービスが続々終了し、今はパソコンやスマホでしか使えないんだって。
Yahoo!だけじゃなく、ソニーも携帯専用サイトは閉鎖。エプソンもユーザー向けのサービスサイトの携帯版が10月いっぱいで終了したということで、今後もいろんな企業がガラケー向けサービスを終わらせていきそうな勢い。

私の場合、ガラケーはメールと電話、スケジュール管理、アラームの4つしか使っていなくて、ネットはもともとパソコンオンリーだったので、正直これらのサービスが終了しても特に不便はないんだけど、これだけガラケー向けサービスが終わっていくのを見ると、そのうちガラケーそのものがなくなってしまうんじゃないかという不安を感じる。

みんながみんなスマホを必要としているわけじゃないし、ガラケーLOVEな人もいっぱいいると思うんだけどなあ・・・。

もちろん、スマホの利用料金がガラケー並みに安くなれば考えないでもないけど、うちの場合、夫婦二人のガラケー料金は月々3000円台。ま、無理だろうなあ(笑)

今日から始まる年末年始

今日から土日なので、昨日仕事納めという人が多く、今回の年末年始は9連休というケースが一般的みたい。
なので今日から早速帰省ラッシュや出国ラッシュが始まっていて、空の便も陸の便も混雑しているんだとか。
9連休もあれば海外に行く人も多いだろうし、今頃は空の上。楽しいバカンスに思いをはせている人もいるんだろうなあとちょっとうらやましくなった。

ちなみにうちはと言えば、年末年始は夫の実家に帰省するのが定番。
自宅で過ごすというより、家族みんなで温泉旅行を楽しむのがお正月のイベントになっていて、そこでは当然上げ膳据え膳。
家事の中で一番嫌いなものは?と聞かれて迷わず「料理」と答える私にとっては、自分が料理や後片付けをしなくていいというシチュエーションは何よりのご褒美♪
もちろん、料理だけでなく、掃除も洗濯もしなくていい。まあ洗濯については旅行中にたまったものを帰ったら一気にやらなきゃいけないから後回しにしているだけなんだけど(汗)

でも年末年始に夢のような日々を送ると、帰ってきた時のギャップが大きい・・・。
特に寒々とした家に帰ってくると、目の前に現実を突きつけられたようで、何だかさみしくなる。

まあ実際には家に帰ってくるのは1月2日で、まだまだお正月気分は抜けないのだけど、旅行から帰ってきた時の落差だけはどうしようもないよね。

もちろん、そういうたまの楽しみがあるからこそ、「さて明日からまたがんばるか!」って気分になるんだけど。
そして家に帰ってくると、やっぱり落ち着くのも事実。上げ膳据え膳がなくて、自分で家事をしなきゃいけなくても、家は一番のんびりできる場所だ☆

インパクトがあった方が勝ち?

ジャパネットと言えば高田社長が有名。社長でありながら自らテレビショッピングに出演し、セールス活動を行うなど、業界でもめずらしい営業活動を行っていた。
そんな高田社長も66歳になったからか、テレビショッピングへの出演は1年以内にやめると宣言したんだそう。
正直、私は高田社長のあの甲高い声がどうも苦手で、テレビに出てくると無意識にチャンネルを変えてしまっていた。
なので、高田社長がテレビショッピングに出てこないというニュースはむしろ喜ばしいのだけど、でもあのインパクトのある社長の代わりを務める人はいないだろうなあという気もする。
テレビショッピングだけに限らず、CMっていうのはとにかくインパクトが大切なわけだけど、たとえ周りから嫌われる内容であっても、まったく印象に残らないCMよりははるかにマシなんだって。
もちろん、好感度が高くて印象に残るCMを作るのが一番なんだけど、「このCMは嫌、不快」と感じた時点でその商品や会社名が深く頭に刻み込まれるから、ある意味プレゼンテーションとしては成功している・・・・のだそう。
確かにまったく覚えていないCMよりはいいのかもしれないけど、でも同じような商品が同じような値段で並んでいたら、最終的には会社のイメージで購入することもあるのだから、マイナスイメージを与えていたらやっぱり不利になるんじゃないかな?と個人的に思う。
だってやっぱり嫌なCMの商品って、店頭で見ても買おうと思わない。というか、むしろ「あのCMを思い出すから買いたくない」って気持ちの方が強くなるかも。